スタートアップ向けビジネスモデル検証・プロダクト開発サポートプログラム「Reality Program」

long_realityprogram
初めて「スタートアップをしよう!」と決意した起業家向けのサポートプログラム「Reality Program」は、シード投資を受けるよりももっと前の「人無い、プロダクト無い、カネ無い」というスタート前のスタートアップ/チームを対象にしたサポートプログラムです。
 
3ヶ月間で「このアイデアはビジネスとして成立するか、大きくできるか」という検証を行い、次のフェーズにつなげるためのオリジナルプログラムです。
 

スタートアップの立ち上げに必要な4つの仮説を検証、ビジネス検証までをサポート

ビジネスに必須な、4つの仮説。

  • ターゲット仮説
  • ターゲットの抱える問題の仮説
  • 問題解決策の仮説
  • 提供価値の仮説

  • この4つの仮説をまず打ち立て、検証を行っていきます。
     

    ビジネスモデル構築をサポート

    以下の内容をサポートさせていただきます。

    ①仮説検証に関するレクチャー

    仮説の設定方法、ターゲットのブレークダウン、最初に設定するべきターゲットの選定、ニーズ検証などについてのレクチャー

    ②ニーズ検証サポート

    ニーズ検証の方法のレクチャーおよび検証結果に関しての評価と意味合い出しのサポート

    ③検証用プロダクト仕様定義サポート

    最小にして仮説検証可能なプロダクトの仕様定義のサポート

    ④ビジネス検証サポート

    ビジネス検証に関しての週次レクチャー
     

    プロダクト開発をサポート

    以下の内容をサポートさせていただきます。

    ①仕様評価

    ビジネスモデル構築にて明らかになったターゲットの問題を解決する要素・仕様を満たすプロダクトになっているかどうかの評価

    ②Acquisition(ユーザー獲得)機能フィードバック

    ユーザー獲得につながる機能の評価・改善内容のフィードバック

    ③Retention(ユーザー維持)機能フィードバック

    ユーザー維持につながる機能の評価・改善内容のフィードバック

    ④Monetize(マネタイズ)機能フィードバック

    マネタイズ機能の評価・改善内容のフィードバック
     

    プログラム卒業生は次々に次のフェーズへ

    これまでの卒業生は、次々に資金調達するなど次のフェーズに進んでおり、また参加者のうち次のフェーズに進む確率が高いこともこのプログラムの特長です。このプログラムを活用して、次のフェーズにスムーズに進んで頂きます。

    卒業生の例(一部抜粋)

    ・Housmart:プログラム参加後、オプトなどから資金調達済み
    ・ライボ:プログラム参加後、サイバーエージェントベンチャーズから資金調達済み
     

    外部パートナーとも連携し、次のフェーズへの橋渡しを推進

    朝日新聞社のアクセラレータプログラム「Asahi Shimbun Accelarator Program」などとの提携により、プログラム卒業生への長期的なサポート。

    Asahi Shimbun Accelarator Programとは?

    朝日新聞社メディアラボ主催のシードスタートアップ向けアクセラレータプログラム。プログラム修了後、500万円〜1000万円の出資を検討する。弊社代表の郡がメインメンターを務めさせていただいています。
     

    プログラム参加までの流れ

    ①応募:応募フォームより貴チームの事業アイデアについて教えて下さい。
    ②書類審査:応募フォームに記載いただいた内容を元に審査させて頂きます。
    ③面談審査:書類審査を通過したチームには面談審査に進んで頂きます。面談は渋谷または表参道にて行います。
    ④面接審査通過後、プログラムに参加いただきます。
     

    プログラムの流れ

    ・毎週1回、20:00-22:00でセッションを行います。基本的には毎週参加頂きます。
    ・チームの進捗状況により毎週内容は異なります。
    ・全12回、約3ヶ月のプログラムです。
     

    プログラム参加費

    完全無料(コンサルティングフィーなどは一切頂きません。)
     

    プログラム応募に関して

    プログラム応募に関しては以下のすべてを満たす方に限定して応募を受け付けます。

  • 最低限の企画力、資料作成力、仮説検証力、マーケティング力、説明能力を有するCEOまたはリーダーが存在するチーム
  • チーム内にプロダクト開発を行えるプログラマ、デザイナが存在するチーム
  • 既に株式会社化している、もしくはプログラム参加から6ヶ月以内に株式会社化する意思のあるスタートアップチーム(このプログラムは「起業体験」をしたい人のために行うプログラムではなく、本気で世の中を変えるスタートアップを立ち上げたいチームが対象のプログラムです。)
  • ジャストアイデアではなく、ターゲットユーザーが明確でありその人の抱える問題やニーズを考えたサービスアイデアを持っているチーム
  • プログラム応募はこちらから

    スタートアップを立ち上げたい起業家をサポートします。まずは応募ください!

    応募フォームへ